Health Item Running Training

ケガをしないランニングシューズの選び方【科学的根拠あり】

ランニングシューズの選び方を知りたい人
「ランニングシューズっていろいろあるし、どれが自分に合っているのかわからない…。自分にピッタリなランニングシューズの選び方を知りたいです。」

こんな疑問に答えます。

こんにちは。キクチです。
ランニングシューズとケガの関係を調べていたら、面白いことがわかりました。

ケガをしないランニングシューズの選び方ってなんだと思いますか?

  • クッション性
  • 安定性
  • フィット感
  • 軽さ
  • さまざまな観点からランニングシューズを選ぶことができます。

    シューズの選び方とケガの発症率を調査した論文があったので、ケガをしないランニングシューズの選び方をご紹介したいと思います。

    結論から言うと

      履き心地がいいシューズを選びましょう

    え、それだけ?と思われるかもしれませんが、本当にそれだけです。

    参考文献

    Running shoes and running injuries: mythbusting and a proposal for two new paradigms: ‘preferred movement path’ and ‘comfort filter’

    と言うのも、 履き心地が異なる6種類のシューズを用意して、被験者に好きなシューズを選ばせたところ、履き心地がよいシューズを選んだランナーほどケガが少なかったみたいです。

    調査チームによると

    人間は自分の自然の走りをインプットされており、その自然な走りをジャマされてしまうとケガの発症率が上がる

    とのことなので、ランニングシューズは自分の履き心地を基準に選ぶとよさそうです。

    参考文献

    Relationship between footwear comfort of shoe inserts and anthropometric and sensory factors

    ランニングシューズの選び方「初心者はクッション性を重視」は間違い


    初心者ランナーは何を基準にランニングシューズを選んだらよいのかというと、たぶんですが「走りやすさ」と「ケガしないこと」じゃないでしょうか?

    これまではクッション性が高いもの、安定性が高いものが初心者向きのランニングシューズとして推奨されていましたが、その定説を覆す論文が発表されました。

    というのも、247人のランナーに、クッション性が高いシューズとソールが硬いシューズを履いてもらいケガの発症率を調査したところ、ランニングシューズのクッション性とケガの発症率は関係ないようです。
    ランニングシューズが接地の衝撃を吸収してもケガの発症とは関係ないみたいですが、BMIの数値が高い人と急に高強度のトレーニングをした人のケガの発症率が高いっぽいので、急に高強度のトレーニングをスタートするのはやめましょう。

    参考文献

    Influence of midsole hardness of standard cushioned shoes on running-related injury risk

    この研究結果からランニングシューズのクッション性とケガの発症率は関係ないと言えるので、「初心者ランナーはクッション性が高いランニングシューズがおすすめ」という説は間違いです。

    ランニングシューズの選び方「安定性の高いシューズはケガしにくい」は間違い


    ランニングシューズの安定性についても検証されています。
    927人の初心者ランナーに安定性が異なるシューズを1年間使ってもらい、足のくじきやすさを検証したところ差がなかったぽいです。
    つまり、安定性の高いランニングシューズを履いても、ケガの発症率は変わらないと言えそうです。

    参考文献

    Foot pronation is not associated with increased injury risk in novice runners wearing a neutral shoe: a 1-year prospective cohort study

    スポンサーリンク

    ランニングシューズの選び方で大切なのは「ケガしないこと」


    ランニングって意外にもケガの発症率が高いスポーツなんですよ。
    1992年に出ているオランダの論文ではランニングによるケガの発生率は37〜56%もあるようです。しかも、再発率が20〜70%。

    参考文献

    Running injuries. A review of the epidemiological literature.

    ランニングフォームを矯正するためにインソールを使っている方もいますが、あまりおすすめできないかもです。
    というのも、ランニングシューズでフォームを矯正されたランナーよりも、ランダムにシューズを履いたランナーの方がケガが少なかったからです。

    参考文献

    Injury-reduction effectiveness of prescribing running shoes on the basis of foot arch height: summary of military investigations.

    まとめ


    ケガをしないランニングシューズの選び方は履き心地を重視すべきです。
    なので、シューズを買うときは一回足を入れてみるのがよさそうです。

    でも、なかなかスポーツ用品店に行く時間がないという方におすすめなのがロコンドでランニングシューズを買うこと。
    ロコンドは靴やファッションの通販サイトなのですが、返品やサイズ交換が無料でできるので、とっても便利です。
    登録は無料でできるので、登録だけでもよかったらどうぞ。


    また、AmazonにもAmazon prime wardrobeというサービスがあり、試着が可能です。
    しかも、プライム会員なら無料で使えるので、Amazonがいいという方は使ってみるといいかもです。

    ちなみに、Amazonプライムはこちらから登録できますよ。

    これを使えば、わざわざスポーツ用品店に行かなくても試着できるので、自分にぴったりなランニングシューズを選べます。
    お店で試着だけして買わないのもなんか申し訳ないですしね。

    あなたもよかったら使ってみてください。
    それでは!

    スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    スポンサードサーチ

    ブログ記事作成の参考にしたいため、
    アンケートへのご協力をお願いいたします🙇‍♂️

    興味があるテーマ

    メッセージ

    -Health, Item, Running, Training

    © 2020 Runomad